地道にパドックを見続ける、地道な積み重ねが大万馬券を大きく取る事に繋がる

今週の結果 昨年までは、理論を覚えるという趣旨の為、 全ての的中結果を記載して来ましたが、 今年より、推奨レース、当日購入指示レースに限っての 結果掲載とさせて頂きます。 単純に、結果が全く書かれていない時は惨敗の時です、 その方が分かりやすいですし、こちらも気合が入りますし。 土曜 京都9R 単勝670円 馬連3940円 馬単6300円 ◎ー× 中山10R 単勝640円 馬連1590円 馬単3280円 ◎ー× 日曜 中山6R 単勝990円 馬連1510円 馬単3630円 ◎ー○ 京都7R 単勝700円 馬連16020円 馬単30550円 ◎ー△ 週に4日開催というハードな競馬がやっと終わりました、 こういうのは年に一度でも嫌です、4日全てをベタで競馬すると金銭感覚も 麻痺しますし、やっと終わってくれた。 5日の初日を京都金杯と京都最終の馬連でプラスにして迎えた3連続開催、 5日の会報の続きで行きます。 土曜日、初っ端の推奨レース、中山5レースで本命がプラス12キロ、 大型馬の2戦目でプラス12キロ、さすがに軽くしか買えない、結果も駄目。 しかし、二発目の推奨レース、京都9レースで頭取り、 これはパドックも好気配でまともに購入、ここで勝ちが決定。 続いて中山10レース、予想通りの展開でスピニングノアールが外から差し切って 1着、これは皆さんどうされたのでしょう、私は生で配信している以上、 外れたレースは皆さんの財布が気になりますが、的中したレースでは、 皆さんが買った買わないは興味ありませんが、てっきりツルガオカハヤテと 人気を二分すると思ってただけに、あの単勝オッズにはびっくりしました、 あのオッズですから当然基本通りに単勝から買いましたが、 それを書くのを忘れてました、ですから、これについては公平欠きますので、 単勝収支は含めずにおきます。 その後、京都10レースと中山最終レースを買うも外れ、土曜はここで終了、 京都10レースと中山最終で減らしましたが、この日もプラスで終了、 これで5日、8日と連続プラス。 日曜日、初買いした中山6レース、前2走共に本命打ったバルジフォンテン、 前走は脚を余していましたが、この日は楽勝、昨年は不利や出遅れが 1年通して多過ぎた、普通に走ってくれれば、あそこまで悪い結果は出ない。 軽めでしたが、あの配当ですので、ここでも10数万回収。 続いて、これが大きかった、京都7レース、チェック馬で本命のウェディングマター、 あまりにもパドック気配が良すぎた、目つき良い馬を購入配信するというのは、 これまでも何度もやって来た事、しかも、目つき良い馬で当日に購入配信した馬は、 外れの方が少ない、競馬屋開設当初は突然のメーリングリストでやってました、 昨年は6月27日に、これで万馬券を本線で取っている。 その京都7レース、際どかったですが、ウェディングマターが差し返して1着、 更に、見事に嵌ったのが2着馬の人気薄テイエムキャット、これもパドック推奨馬、 急遽厚めに持って来て正解、テイエムキャットについては余談があります、 この馬、12月5日にコメント付で本命にしている馬、しかし、これも他の馬同様に、 昨年は出遅れで泣いた、今回は外枠では無かったので評価していなかったのですが、 あのパドック気配ですから無視は出来ない、これが2着に入って、 単勝700円 馬連16020円 馬単30550円 ◎ー△が的中、 昨年の6月27日の配当の約3倍、連を1000円だけ買ってても46万という配当、 これで推奨前に勝ちが決定した、ちなみに、このレースはパドック推奨馬 3頭で決まった。 当日配信でここまで大きな配当取ったのは昨年6月以来です、 しかも、情けない事に、大きな配当取って、競馬終了後に皆さんからメール 頂くのもいつ以来でしょう?全然覚えてないです、 しかし、年の最初にこれが成功したというのは非常に大きいです、 私自身がこれから余裕を持って競馬出来ます、昨年は最終週しかプラスに なれない状態が1月から続きましたが、どんな形であれ、 今年はどんな汚い事をしてでも、現金回収にこだわると宣言している手前、 これで取れたのは非常に大きい、しかも、パドックが勝負の大きなウエイトを 占める私の競馬ですから、何よりです。 この時点で5日からの総回収額が約120万位になっていたはず、 使った分がありますから収支は減りますが、しかし、喜んだ半面、 ここで物凄く嫌な予感がした、それが日曜のパドック配信で書いた事、 不思議とこういうのって当たるんです、当たって欲しくないし、 気にしたくないのですが、体がそうなってしまってるから仕方ない、 だからこそ「負けを少なく」もできるのですが、 こういうのは無くせるものであれば私の中から無くしたい、ただ、これについても、 結果が出てから書いているのではなく、前もって直感した事を書いてますから。 「自分自身の上限が気になるので、気を引き締めていく」と書きました、 これまで会報で何度か書いている「己の上限」、 過去には推奨レース1レースで200万以上取った事もありますが、 それは軽めではなく、単勝と馬連だけでまともに買いに出て取った金額、 しかし、今回はあのレースだけで回収率3000%は「失敗した」と思った、 それが当たってしまった、そう、もっと買っておけば、上限をフルに 現金で生かせたかもしれない。 その後は、これは購入予定レースでしたが、中山8レースでは目つきが良かった 馬が負け、あとは中山の9レースと11レース以外は軽めにしましたが、 それらも駄目で日曜は終了、 結局、後半減らしましたが、日曜は80万位のプラス。 月曜は終日駄目でした、月曜については、最終はすでに降り状態でしたから 問題無いとして、京都10レースが全てでしょう、4角で人気馬より後、 ほぼ最後方ではどうしようもない、 あれで馬に差し切れというのが無茶、暴走気味に早めに動いて行ったアンカツと 秋山君の差でしょう、1番も前走で先行有利を差していたチェック馬だった だけに悔いが残りました。 シンザン記念については、金杯みたいに取れば官軍なのですが、 年明けの京都の重賞二つ、共にマイルで、共に武豊で、共に追い込み馬で、 共に単勝1倍台で、共に馬番2番で、全く同じ結末、 金杯についてはヒモ荒れ狙いでド本線で仕留めましたが、 いくら今年は現金にこだわると言っても、シンザン記念みたいな組合わせは 私には買えない、あれは全然後悔はしていない、1,2着共に、 毎週会報で書いている「・・・馬は重賞で好走している」、 金杯に続いてこのタイプのチェック馬、ずっとこのパターンです、 このパターンですぐに取れる、日経新春杯もそのチェック馬が出てます、 それが勝つでしょう、鳴尾記念で狙ったサクラセンチュリーは無いでしょう。 結局、今年1週目、計4日で使った資金は、ピッタリ通常の2週分。 日曜の後半と月曜で、通常の1週分の資金を減らしてしまいましたが、 それでも、今年の1週目は約70万のプラスで終了。 考えてみると、先週の会報や、今日の配信で「三日連続プラスなんて無理」 と書きましたが、先ほど収支を打ち込んでいて気がついたのですが、 5日、8日、9日と3日連続でプラス、これは競馬屋5年やってますが、 おそらく初めてだと思う、 年の1週目にこれだけプラスになったのも3年ぶりでしょう、 確か初富士Sで9000円台を馬連ド本線で取った年以来だと思う、 昨年は5日が推奨レース2着、土日が駄目で月曜に30万ほど勝っただけで、 勝ってはいませんから。 こんな感じで終わった1週目でしたが、大丈夫だと思います、今年は、 とりあえず、来週の目標は、ダートですが出てきたら狙うと決めてるチェック馬が 出てきそうですので、それを含めて、最低1つは推奨で頭取って、 他のレースも買いに出て、予算を使い切って、 なりふり構わず30万プラスを目標にします。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

熊本の牧場のメガスターダムとでんすけ

でんすけ

ご挨拶

1999年の開設以来、今年で20年目を迎える事が出来ました、 今後も更に高みを目指して努力して参ります。 今後とも宜しくお願い申し上げます。

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:2149 最後に更新した日:2020/10/22

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM