名物オーナー再び・・・

コスモバルクについては何度書いて来ただろうか? 書いても仕方無いのは分かっているのですが、 あまりにも馬が気の毒なだけに、ついつい書いてしまう・・・ 案の定、本来の気配には程遠かったJCでも惨敗し、もう語る事も無いと思っていたが、 またやってくれよった、オーナーが・・・ 私の意見なんてただの一ファンの一人に過ぎないのだが、 前から五十嵐冬樹に戻すべきと言い続けて来た、 しかし、あのオーナーと来たら、「この馬に折り合いつけさせるのは無理と 分かった」と言いながら、次から次に騎手をとっかえひっかえ、もう滅茶苦茶だ、 あげくの果てにはデムーロ負傷でボニヤに乗り替わる始末、 あれだって滅茶苦茶やってるから運が完全に逃げてしまったんだよ。 そして、今朝の新聞、有馬記念では五十嵐冬樹に戻すそう、 「良かったじゃないか」では済まない、コメントが頭に来る、 「やはり地元の騎手が一番」と来た、今更何を言うか!である、 トンチンカンにも程がある、今までのとっかえひっかえの乗り替わりは 何だったのか? 馬を何と思ってるのか? それでなくても地方馬という事で輸送、輸送の繰り返しで 相当の負担が馬にかかってるというのに、 更に屋根が次々に替わっちゃ馬もたまったものじゃない。 オーナーはバルクの不調をJRAのせいにしているような記事も見たが、 ローテーションのせいにしているようじゃ話にならない、 あれだけ無茶なローテーション組んでおいて何を言うかである。 とにかく馬が可哀想だ、気の毒で仕方無い、 ハッキリ言って、誰が見てもバルクは終わってるだろう、 有馬記念ではどうせまたパドックでオーナーが作戦を指示するだろう、 香港では「サイレントウィットネスをマークしろ」、 宝塚では「タップダンスシチーをマークしろ」、 有馬では何と言うのか?まさか「ディープインパクトをマークしろ」か? こうなったら五十嵐冬樹には有馬で意地を見せてもらいたい、 オーナーの指示を無視した「大逃げ」、タップがいても「大逃げ」、 これに期待する、応援はする。 人気blogランキングへ 競馬屋

2歳G1かWSJSか?

う〜む、不思議だ・・・それともそれが普通なのか? どの新聞を見ても阪神JFよりもWSJSの方が扱いが小さい、 圧倒的に小さい、まあ毎年そうではあるのだが、 今年はブログという場所があるのでちょっと書いてみた。 世間というものはWSJSよりも2歳G1の方が興味が大きいのだろうか? 確かにJRAそのものが阪神JFの方を宣伝しているわけだし、 馬券も売れるだろうから、当然と言われればそれまでなのだが、 ただ、WSJSの扱いが小さ過ぎやしないか?と私なんかは思ってしまう。 WSJSは馬券も難しい、それは分かるが、単純に競馬の面白さや醍醐味という 点では、2歳G1よりも、いや、マイルCSとJCは良かったが、消極的な レースのオンパレードのG1よりもよほど上だと思うのだが。 WSJSが行われる週というのは、1年の中でも好きな週の一つなのだが、 JRAや新聞記者の宣伝方法、扱い一つで、とにもかくにも「G1」一色になって しまって、存在が地味になってしまうのが非常にもったいない様な 気がしてならない。 馬の力差をABCのランク分けだけで振り分け、騎乗馬が単純に 抽選だけで決まるという問題も影響してるのは分かっているし、 馬のランク分けの方法に改善の余地は大有りだと思うが、 それでも何だかもったいない気がしてならない。 勝負は全く別だが、今週は競馬という面ではWSJSを大いに楽しもうと 思っている。 人気blogランキングへ 競馬屋

新撰組、打倒イギリスの準備をする

局長勇「おい!総司!歳はどこに行ったか知らないか?」 一番隊長総司「土方さんなら隣の壬生寺に隊士集めて演説すると言って        昨夜から準備してますよ」 勇「なに?演説だ?なんでだ、また?」 総司「ジャパンカップですよ、薩長には勝ったがイギリスに負けたとか言ってます」 勇「・・・意味がわからんが?」 総司「土方さん、結局は天皇賞と全く同じで行ったらしいですよ、    ほぼ◎ハーツクライと○ゼンノロブロイで決まると、    私も永倉さんも藤堂さんも、土方さんならこう来ると予想した通り    でしたけどね。    でも、デットーリとかいうイギリスの騎手にやられたそうです、    それで、これからは新撰組も外国に対抗出来るように、刀だけでなく、    鉄砲の練習を取り入れるそうです」 勇「ほう、やはりハーツクライだったか、わしも意地っ張りな土方ならそうすると   思ったよ。それにしても惜しかったな、でもだ、えげれすのでとりーと   いうのは強いじゃないか」 総司「イギリスのデットーリですよ」 勇「なんでもいいんだ!あれはいつまで日本にいるんだ?」 総司「もうイギリスに帰ったんじゃないですかね」 勇「そうか、ならば次はいつ来るのだ?」 総司「もう当分は来ませんよ、少なくても来年のジャパンカップまでは」 勇「よし、それならば歳の言うように、1年かけて鉄砲の練習しておくか、   総司も強力してやってくれ」 総司「はい、わかりました」 七番隊長井上源三郎「失礼します」 勇「おう、源さん、どうした?」 源三郎「土方副長来られてませんか?」 勇「・・・?壬生寺で演説するんじゃないのか?」 源三郎「ええ、そう聞いたものですから、隊士全員待ってるのですが、     副長どこにもいないのです」 総司「部屋にいませんか?徹夜でイギリスの事を調べると言ってましたが」 源三郎「うん、見たんだがいないんだ」 勇「どういう事だ?」 総司「・・・」 源三郎「・・・」 勇「おっ、さんなん(山南)じゃないか?おい山南(やまなみ)君!」 総長山南敬介「どうしました?」 勇「土方見かけなかったか?」 山南「土方君なら伏見の角屋で昨夜見かけたが、いい調子で飲んでたみたいだ、    どうせ昨夜は角屋に泊まってるだろ。    イギリスを調べる?演説?ハハハ!芸者相手に一晩中演説してたみたいだぜ、    ハハハ!」 勇、総司、源三郎「・・・」 来年もイギリスにやられそうである・・・ 人気blogランキングへ 競馬屋       

納得の2着〜JC

JCの本命は天皇賞に続いてハーツクライ、根拠はこちら、 「・・・ここからはいつもの東京2400の予想の際に書いている事が基本、 天皇賞のようなスタミナ不要の上がりだけの競馬か、 それともスタミナが必要になる競馬か?ペースが速くなる今回は後者、 マイラーが上位を独占した天皇賞から一転してステイヤー台頭と見る、 そうなると、候補は内からタップ、ジャパン、リンカーン、ゼンノ、ハーツ、 スズカの6頭、外国馬は正直分からないので省きます、 外国馬が来たら仕方無い、その6頭から展開的に先行して押し切るのは厳しいと 思われるタップ、ジャパンは頭候補からは消す、 リンカーンもG1ではイマイチ、これは完全に消す、 残るはゼンノ、ハーツ、スズカ、レベルが低いと言い続けている古馬中距離路線、 この中でどれを取るかですが、展開と枠順、内が有利な今の東京馬場を考えるとゼンノ圧倒的有利です、 ゼンノが2着を外す可能性は低いように思う、 天皇賞のメンバーではゼンノは抜けています、 あのメンバーでは間違い無く強いレースをしています、 あの展開であれだけ外から、しかも狭い所を割って一旦は抜け出したのですから、 内をピッタリ回った馬に差されたのは仕方がない、今回も絶好枠はゼンノです、 しかし、2000mでゼンノに逆らった以上、 2400でハイそうですかと降参するわけにはいかない、 ゼンノを差せるかどうか、キングカメハメハが勝った超ハイレベルで ハイペースのステイヤーが上位独占した東京2400のダービーで上位に来た馬、 そのダービーのコメントでも書きましたし、春の天皇賞でのスズカの理由でも 書いた通り、あのレースの上位馬は間違い無くステイヤー、 そこで天皇賞から2ハロン伸びての東京2400で再度ハーツクライを狙う」 長々と書きましたが、早い話が天皇賞でハーツクライを狙った事は間違いでは なかったという意地みたいなもの、しかし、デットーリだけが余計だった、 勝ち時計が2分22秒1、キングカメハメハのレコードを1秒以上更新した上に、 不滅と言われたホーリックスの記録までも更新する時計、 後から行く馬を狙ってるわけですからあれで負けたら仕方が無い、 レースにしても普通なら差し切ってる内容、帰宅して早速録画してる競馬中継 見ましたが、解説者が言ってる通り、普通ならハーツクライが突き抜けてるレース、デットーリは凄い、 あれをもたせてしまう所が凄い。 ゼンノロブロイが2着を外す可能性は低いと見てましたが3着、 しかし、これも上にデットーリがいただけの事、キッチリ3着に来た、 リンカーンの頑張りが意外でしたが4着に来ていた、 スズカマンボだけが誤算でしたが今回はステイヤーが上位を占めた、 馬連や3連複は今後1円も買わないと決めているのでお金は入って来ないが、 予想は間違ってはいない、2分22秒1で走ってゼンノロブロイを 1馬身以上突き放したわけですから。 しかし、得たものもある、過去の例からしてこのJCが有馬記念に与える影響は 非常に大きい、ディープインパクトをどうするかは別として、 仮にディープから馬単、3連単を買うにしても、 このJCが与える影響は大きいはず、具体的にはその時のメンバーが決まってから 予想で書きますが、有馬では悩まずにゼンノもハーツもリンカーンもタップも 予想で全く悩まなくて済みそうです、4週後にハッキリするでしょう。 とりあえず、ディープ本命であれば単勝は買えませんが、 しかし、シンボリルドルフでさえ初の古馬戦は負けてる、 東京ならともかく、中山で絶対は無いだろう。 このJCをこのまま検証だけして終わらせるのはもったいない、 何とか次に利用したいと思う。 番手と思ったタップをハイペースで逃げさせた哲三は殊勲賞もの、 ハイペースで素晴らしいG1だった、やはりG1はこうでないといけない、 スローで高配当狙うのもいいですし、それが分かってる時は私もしますが、 せめてG1くらいは力と力のぶつかり合いでないと、 いつもは2着では怒る私ですが、力と力の予想をして力と力の結果になれば、 2着でも納得出来るものです。 人気blogランキングへ 競馬屋

新撰組、京阪杯を語る

これでもかと書いてみる、もう来週は書かないと思う、疲れる。 局長勇「歳さんよ、最近は大阪の方はどうなんだい?」 副長歳三「それがだ、近藤さん、ちょうど今しがた監察方の山崎から連絡が       入ったんだが、どうも雰囲気がおかしいらしい」 勇「おかしいとはどういう事だ?詳しくは分からんのか?」 歳三「俺も詳しくは知らねえんだが、引き続き調査中だ、ただ・・・    京阪の戦いというのが勃発するかもしれん」 勇「京阪の戦い?」 歳三「尾張藩から腕の立つ奴が攻めて来るという噂だ、笠松の柴山という奴らしい」 勇「笠松の柴山?聞いた事ねえな」 歳三「俺も知らなかったんだが、今は江戸でかなり名を上げているようだぜ、    この前の福島藩での戦いでも大活躍したそうだ」 勇「ほう?それは相当なものだな、それで馬はどうなんだ?」 歳三「これは山崎の報告なのだが、ケイアイガードって馬らしいが、    これが強いのか弱いのかはっきりしないらしい、    戦いの最中に突然やる気を無くす事もあるらしい、かと思えば、    突然力を発揮するとの事だ」 勇「ケイアイガードか、大した事ねえじゃねえか」 歳三「いや、近藤さん、油断は禁物だ、何せ相手は柴山だ、馬が駄目でも、    自分だけでも走ってしまうかもしれん、注意は必要だぜ」 勇「そうだな。それで他はどうだ?」 歳三「彦根藩の賞金稼ぎと言われてる福永が来るらしい」 勇「またあいつか?気にいらねえ、新撰組が貧乏なのも全て奴のせいだ、   目障りな野郎だ!」 歳三「その福永だが、今度はカンパニーという馬で挑んで来るそうだ」 勇「カンパニー?聞いた事あるな」 歳三「ああ、江戸の安田記念、毎日王冠と負けはしたが、今の大阪では    力は上だ、それを見越しての賞金稼ぎに違いない、これは要注意だぜ」 勇「ふ〜む、ややこしい相手が揃ったものだな。他はどうだ?」 歳三「うん、総司が夢を買うと言ってた馬がいるだろ?コスモバルクって馬だが」 勇「ああ、そう言ってたな、それがどうかしたのか?」 歳三「あそこの藩主がマイネルレコルトという馬を連れてくるらしい」 勇「まいねるれこると?聞いた事ねえな、強いのか?」 歳三「どうかな、弱くはねえと思う、それに、あそこの藩主はコロコロ変わったり、    口出ししたりで有名だが、頂上決戦には弱いが、位が落ちた戦いでは強い、    これも油断はならねえ」 勇「他はどうだ?」 歳三「そうだな、最近名前を聞くと言えばエリモハリアーだが、長いこと病で    休んでたキョウワスプレンダというのもいるらしいし、この前、    隠居生活に入ったと思わせておいて賞金かっさらって    行ったアサカディフィートってのもいるな」 勇「そうか、分かった、それで歳さんの結論はどうなんだ?」 歳三「結論かい?そうだな・・・・」 勇「どうした?」 歳三「・・・」 勇「おい!どうした?」 歳三「ううっ・・・」 勇「歳!」 歳三「近藤さん・・・すまねえ、腹が痛くなってきた・・・    便所に行かせてくれ!」 勇「おい!ちょっと待て!京阪の戦いはどうするんだ!?おい!」 一番隊長総司「ははは♪近藤先生、またやられましたね、土方さんは        都合が悪くなると逃げるんですよ、京阪の戦い、        分かってないんじゃないですかね」 勇「あいつはいつもあれだ!仕方ない、   土曜の朝の監察の山崎の報告を待つか・・・」 歳三「(便所にて)ううっ・・・、くそっ!何が京阪の戦いだ!      俺に聞かれても分かるわけねえじゃねえか!ううっ・・・」 新撰組に勝つ日はやって来るのだろうか? 人気blogランキングへ 競馬屋


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

熊本の牧場のメガスターダムとでんすけ

でんすけ

ご挨拶

1999年の開設以来、今年で20年目を迎える事が出来ました、 今後も更に高みを目指して努力して参ります。 今後とも宜しくお願い申し上げます。

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:2149 最後に更新した日:2020/10/22

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM