東北へ

高崎を午前7時前に出発。 栃木のサービスエリアから自衛隊車両が何台も、 サービスエリアに止まる度に見かけた。 福島に入ったあたりから至る所で道路の修復の痕跡が、 多数の「段差注意」の立て札、確かに道路はデコボコの所が多かった。 安達太良で茨城からボランティアで移動中の人から 「九州からですか?」と話しかけられ、ナンバーを見て珍しく思われたみたい、 「観光客が減ってるらしいので観光と知人の震災見舞いとペットに少しでもなにか・・・」と、 「遠くからありがとうございます」と言われてしまった、本当は群馬からなのに・・・ 目的の一つ、東北でお金を落として帰る事、10円でもいいから買う、 東北でお金を使う事に意味がある、PAはスルーしたが全てのSAで休憩、 ありとあらゆるものを買い込む。 昼前に仙台に入った、次の目的地は温泉地、 客が激減してるという、秋保温泉を目指した。 秋保 そこで地元の方から聞いた話、 「地元の我々も見た時は震えが止まりませんでした」と、 何かと言うと津波の被災地の今の様子、 どういうわけか「是非見に行って下さい」と言われ場所まで教えてもらった。 仙台を横断してる南部道路を走ってると突然風景が一変する、 一変というか、「何もなくなる」と言った方が正解かもしれない、 仙台を縦断してる東部道路に入って多賀城、石巻方面に走った。 北へ向かって走ってると、走行方向に対して左側は建物は無事に残ってたが、 反対の右側を見ると、これは何と言ったら良いのか・・・ ツイッターでは「悲惨」という表現を使ったがそれは違う、言葉が思い浮かばない、 何も無い風景が延々と続く、見えるのは瓦礫らしきものだけ。 この風景を過去にどこかで見た事があると思った、 そう、戦時中の焼け野原跡の写真、あの写真そのままの風景が広がってた。 石巻方面に走ってたのだが、石巻や塩釜、気仙沼は更に被害が大きいと聞いてる、 「もうやめよう」と言って東部道路から一般道に降りた、 Uターンして再度仙台方面に車を走らせた。 仙台港、仙台空港、そして、再三報道でもあった仙台若林区荒浜地区という場所に来た、 来たというより、いつの間にかそこを走ってたという方が正しい。 道路は比較的綺麗だった、そうでないと復興車両等の通行を考えると道路整備は当然だろう、 だから車は普通に走れた、問題は道路以外の所。 道路の横に船が横転してる、タイヤが上を向いた無数の車、 海岸にあった松原の松か?大木がありとあらゆる所に、 跡は瓦礫の山、他は何も無い広大な敷地。 頻繁に復興作業のトラックが往来する、 「だめだ、邪魔になったらいけないから早く通り過ぎよう」と。 でも、二つ目の目的が残ってる、日本人としてここに手を合わせに来たのである。 慎重に判断して絶対に邪魔にならないと思われる場所に車を止め、 何もない瓦礫だけの町に向かって手を合わせた。 写真では分からないと思うが、テレビで見るのとは全然違う・・・ 被災地 会員さんと会うという目的とでんすけの事があったので泊まるのは仙台市内、 仙台市内は営業を再開してないホテルも多く、なかなか予約が取れなかったのだが、 私が三井ガーデンホテル、連れと親戚が第一インパークという所に別々に宿泊。 18時過ぎにわざわざ会員さんが車で迎えに来てくれた。 実家のお母様が「震災見舞いに来ていただいて外食だけなんて失礼な事をしてはいけない」という話に なったらしく、私と連れを拾ってその会員さんの実家へ行く事に、 いくらなんでもそれは出来ない、外でいいとお断りしたのだが・・・ その方の家にお邪魔し、お母様に挨拶をし、更には夕食まで・・・ すごく腰の低い、素敵なお母様で私と連れは恐縮しきり・・・ 私は会社の上司でも大学の先輩でもない、競馬の予想屋なのだが、 それを承知の上でのあのおもてなし、12年やって来て良かったのかな?と思った一瞬もあった。 21時過ぎにホテルに戻ったのだが、どうも仕事をする気になれず、 パソコンを立ち上げては見たものの、あの被災地を見た直後なだけに気持ちが集中出来ない、 あきらめて寝る事に。 起床して某ペット屋さんへ、それで目的は全て達成。 あとは帰りながら再び東北にお金を落とすだけである。 仙台市内で買い物〜再度秋保温泉〜宮城の白石〜なぜか山形の山寺に天童、 天童と言えば将棋、将棋の駒に将棋盤まで買った私、どうすんの?誰がするん? 遠刈田温泉〜東北自動車道へ、今度は上りSAを制覇しながら高崎に到着。 連れと親戚一同を乗せた帰りの車の中で「昨日はともかく、今日は1日中遊んで終わりましたね、 こんなんでいいのか?」と私、 すると後部座席からこんな声が飛んで来た、「いいんだよ、これで」と。 ブロマガ等は今日から再開します。 クリック宜しくお願いします     ↓ 人気ブログランキングへ ツイッターはこちら 「馬ナビ」もチェック! 競馬屋

現状打破の可能性を考える

ねっ、ちょっと前にツイッターで書いた通りでしょ、 「管総理が会見に出て来ないのは脳のキャパを超えてしまってるから官邸で寝てるから、 横になってても指示くらいは出せるだろうが」と。 現代ビジネスという所から。 「実際の菅首相は、表面上、虚勢を張って元気そうに見えるという。だが、その実態はまったく逆だ。 報告や助言に対し、いちいち怒鳴り散らすので、自分でもすぐ疲れるらしく、 会見や震災の対策会議がない時間は、官邸内で横になっている。 たまにテレビで見かけると髪に寝癖が付いているのはそのため。 精神状態が不安定で、人前に出せない」(民主党幹部) 図星とはこういうのを言う。 枝野も「頑張ってる」「気の毒」「このままじゃ倒れる」「寝てない」とか言われてけど、 24時間カメラの前におったんか? 心配せんでも寝とるっちゅうねん、 そんな同情してるほどお人よしだから民主党に騙されたんだよ、 国家の非常事態でしょ、トップならぶっ倒れて当たり前だ、甘いよ。 こういう時は心配や準備が無駄で終わって幸せなのよ、そうでしょ、 何かあってからじゃ遅いんですよ、津波がそうだったでしょ、 チリの地震で再三の津波警報が発令されたが津波は来ない、気象庁謝罪、 「オオカミ少年」化した警報、油断したらとんでもないのがやって来た。 政権握ってる連中があの連中なんだから、 腐るほど書いて来たが選挙前から「ここだけは駄目、ここが政権取れば日本は終わる」と書いてたでしょ、 そこが今の状態を仕切ってるんですよ、あいつらの考えてる事はただ一つ、「逃げ切り」、 自分たちで復興させるなんて本気では考えてません、全てその場しのぎの言葉、 そんな能力や術が自分たちに無い事はあいつらが一番よく知ってる。 どんな世界でもいる、能力の無いものほど小手先やえらそうな段取りに終始して先に進まない、 それがあの大臣増発に今の閣僚を増やす法案、実行力が無いからそこに終始する。 あいつらが逃げ切る方法はただ一つ、そうやってあれやこれやで誤魔化して最後まで隠し通す事、 今やってる事は全てそこへ向けてのもの。 政府はこんな事も隠してる、東北の人は避難所で耐えてる、頑張ってる、それは事実、 海外からも日本人は素晴らしいと賞賛の嵐。 しかし、実態は毛布や食料の奪い合い、揉め事、喧嘩があちらこちらで、 とてもボランティアやマスコミの第三者が近寄れる雰囲気ではないとの事、 落ち着いた雰囲気の所しか映像では流されてない、 本当の姿を放送すると騒ぎが政府に降りかかってくるからと指令が出てるらしい、 現場で働いてる人の証言。 現に「日本は火事場泥棒がいない素晴らしい国民性」と言われながら実際はどうだった? こんな姑息な真似までする政府がどうやって苦しんでる人たちを助けられるというのか? 我々には管が投げやりになって手放すかあいつらの時間引き延ばし作戦で年月が過ぎるのを待つ しかないんですよ、もう自分の事は自分で守らないと、 長い付き合いの東京の会員さんは奥さんとお子さんを関西の実家に帰してるそう、 そういう事をしてて当たり前の時ですよ、 何もなければ無いでいいんですから、何かあったら遅いのです。 でも、一つだけ今の政権に国民が一泡吹かせるとすれば、 世間に名がしれてるマスコミ関係者かジャーナリストでその気のある人に立ち上がってもらう事、 その人にとにかく政府が隠してるとんでもない事実をすっぱ抜いてもらう、 だから名の知れた人がいい、あとは、それをどこまで広められるか、1000や2000じゃ駄目、 ネット全体がそういう雰囲気になるくらいにしないと、今はネット社会、まずはそこでしょう。 それも不可能なら時間切れに付き合うしかないですよ、残念ながら。 クリック宜しくお願いします     ↓ 人気ブログランキングへ ツイッターはこちら 「馬ナビ」もチェック! 競馬屋

雑感諸々

ドバイ制覇はスポーツ新聞以外でももっと大々的に扱われても良いと思うのだが・・・ 日本がこんな時だからこそ。 いや、事前にツイッターでも書きましたけど、「今年は大チャンス」だと、 過去のドバイWCで「勝てるかも」と思った日本馬は1頭もいなかったのですが、 現に私は海外遠征は無謀と何度もブログで書いて来てるし、 それが今年は明らかに雰囲気が違った、だから予想作業を中断してまでテレビを見たんです、 中断してテレビを見るなんて事は絶対にしないんだけど、 今年見逃すと生きてる間には二度と見れないと思ったから。 競馬で馬券関係なく涙が出たのっていつ以来だろう?記憶に無い。 それにしてもデムーロは凄い、凄過ぎる・・・ トランセンドも強かった、あんな強い馬にフェブラリーSで逆らってはいけません・・・ なんて、1番人気は買わないんだから仕方ない、それはそれさ。 「ちょっと原発を勉強したい」、「僕は原発には詳しいんだ」、 国民を怒らせるのが好きな総理だ、とんでもない野郎だ、犯罪級だよ。 原発、東日本は大丈夫ですかね? こんな事書くのは良くないとは思うけど、楽観しすぎもいけないだろうし、非常に心配。 詳しい事は分からないけど、プルトニウムがどうこうと、 専門家じゃあるまいしだからどうなるってのは分からないけど、 本当に大丈夫なの? なんだか事故発生からずっとそうでしょ、映像で見た印象と政府や東電の発表とのギャップが凄かった、 初日にそれを感じましたもん、政府はまだ隠してるはずですから、おそらく最後の最後まで発表しない かもしれない、そこが民主党の恐ろしさですよ。 私の民主党への批判は何度も書いてます、「ここだけは駄目」と、選挙直後からもう何度書いた事か、 そしてこうも書いてる「自分の事は自分で守る時代が来た」と、かなり前に書いた、案の定です、 本当に自分で判断した方がいいと思う。 原発があの状況、皐月賞の東京も難しいんじゃないの? 1ヶ月で落ち着くか?どんどんひどくなってる気がするのだが・・・ 電力は無い上にプルトニウムとか何とか言ってるのに、 1ヶ月後に東京で10万人を集めるイベント出来るのか? それに、美浦は大丈夫なの? 今の開催状態も問題ですよ、 全レースがフルゲートというのは予想する方は面白いと思う、 でも、出走させる方は大変だろう、特に関東馬はたまったものじゃない。 あの登録馬の多さと除外馬の多さも異常という域を超えてる、 どうして阪神と京都を同時開催しない? 地域が近いとか言ってる場合じゃないだろう、阪神&小倉も阪神&京都も一緒だろうが、 それに東北電力さえ大丈夫であれば新潟も使えば関東馬の輸送の負担も軽減されるだろう、 4月の3週目は阪神1場開催だし、なんかズレてる気がしてならないのだが・・・ タレントのベッキーとかいうのが被災地の動物を救おうと代々木で募金を呼びかけたとか、 いい事だ。 それにしても芸能人の影響というのは大したもんだね、1日でお金にドッグフードにペット用品にと あんなに集まるんだから、それに引き換え俺の無力な事、 あの報道を見て嬉しさと同時に自分に対する情けなさがこみ上げて来た。 クリック宜しくお願いします     ↓ 人気ブログランキングへ ツイッターはこちら 「馬ナビ」もチェック! 競馬屋

もう一度だけプロ野球

ツイッターとかぶります。 要はコミッショナーですよ、ジャイアンツに気を使ってるので何も出来ない、 WBCの監督問題でジャイアンツに助けてもらった上に世界一になってるので何も言えない、 だから相変わらずジャイアンツは傲慢な発言しかしない。 私は基本的には電力使ってまでのナイターや開幕は反対だし、今の世論は間違ってないと思う、 そうは思うけど、セリーグはそこまで言うなら日本中に勇気を与えるような熱いプレーが出来るなら 開幕すりゃいいんだよ、プレーで納得させりゃいいんだ、それがスポーツだろうが、 競馬にはそれは出来ないがプロ野球なら出来るだろうが、 「貴重な電力を使って申し訳ない、ただ、このプレーを見て下さい」と、 そうすれば絶対に許してくれる人はいるさ、 そんな事言っても東北はテレビ見れない地域もあるじゃないか? プレー中に東京が停電だったらどうする? それなら開幕延期しろよ、夢だって与える事出来ないだろうが、ウダウダとうっとうしいんだよ、 コミッショナーが決めれば終わる事だ。 セリーグの某球団が「同時多発テロの時、ヤンキースは数日後に試合をして勇気付けた、 だからセリーグもしなきゃ駄目」と言ったらしいが、 これこそ思い上がりもいいとこである、テロを受けた地元ヤンキースが立ち上がったから夢を与えるんだろ? 東北で震災が起きてて東京や名古屋や関西の球団が「夢を与えたいからセリーグだけ先に開幕させろ」、 馬鹿じゃねえか? 今回のケースで夢を与える事が出来るのは楽天球団でありパリーグなんだよ。 愛想が尽きたね、40年来のタイガースファンやめた、 パリーグの方が球団経営にも選手育成にも夢がある、 ダルビッシュにマー君に川崎にメジャーに行った西岡にと選手も熱い、 交流戦で1位から6位までパリーグ独占、日本シリーズもパリーグって結果は当然だわ、 もうタイガースの話は二度としないでくれ、 だいたいここ数年の補強連発で嫌になりかけてはいたんだよ、丁度良かった、 それでも城島だけは応援するけどね。 考えてみ、セリーグはレンホーからダメ出しくらってるんだよ、 あの売国民主党政権から指導されてんだよ、それで再度オーナー会議てや、 何度会議やってんだ?国民が一致団結しなきゃいけない時に、 そんなリーグの応援が出来るかよ。 今年はパリーグと楽天を応援しよう、単純?単純で上等さ。 人気ブログランキングへ ツイッターはこちら 「馬ナビ」もチェック! 競馬屋

応援歌

人気ブログランキングへ ツイッターはこちら 「馬ナビ」もチェック! 競馬屋


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

熊本の牧場のメガスターダムとでんすけ

でんすけ

ご挨拶

1999年の開設以来、今年で20年目を迎える事が出来ました、 今後も更に高みを目指して努力して参ります。 今後とも宜しくお願い申し上げます。

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:2149 最後に更新した日:2020/10/22

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM